LINEバイト

企業と応募者の電話による「すれ違い」を解決し、採用効率を向上を目指して「LINE AiCall」をLINEバイトの新機能に導入

 

 LINEバイトとは?
豊富なアルバイト求人情報をLINEアプリ上から手軽に閲覧・応募することが可能なアルバイト求人情報サービスです。自分にあったバイト情報がLINEで届いたり、アルバイト応募者と企業採用担当者が応募から採用までのコミュニケーションをLINEで取ることができる「LINE応募」機能などが好評を得ており、現在までに3,200万人*を超えるユーザーにご登録いただいています。
*2020年10月現在の累計ユーザー数
▶︎LINEバイトの詳細はこちら

 

求人サイトの電話による応募を「LINE AiCall」で自動化

 

求人情報を掲載することのできる求人サイトの多くは、オンライン化が進みWEBサイトからの応募が主流となっています。しかし、リアルタイムに返事が欲しい、詳しく内容を確認しておきたい、電話でアピールしたい方などは電話で応募する傾向が強く、2020年10月に行った調査では、直近3ヶ月にWEB求人メディア経由で応募した人の実に約3割が「電話」ツールを利用した応募を行なっていることがわかりました。

電話応募は、「応募」から「面接」までの工程をスピーディに行えるメリットがある反面、相手の都合が分からないまま電話をしなければならないため、複数回にわたる折り返しや、ピーク時の着信が発生し、企業側・ユーザー側ともに負担がかかっているのが現状です。

 

 

” 24時間いつでも” 電話による応募受付をAIオペレーターが応対!

 

そういったピーク時に電話がつながらない(電話が取れない)、相手の都合がわからないなどの、企業と応募者の電話による「すれ違い」を解決するため、この度、LINEバイトでは、音声応対AIサービス「LINE AiCall」を導入し、AIオペレーターが代わりに電話応募を応対する「AI電話応募」機能をリリースすることとなりました。

(掲載中案件の標準機能として、11月17日(火)より提供を開始)

LINEバイト2

 

AIオペレーターが代わりに電話応募を受付し、企業側にWEB上で応募者情報を通達することで、求職者側は24時間いつでも電話応募が出来るようになります。

 

現在は応募の受付のみの機能となりますが、2021年度中を目処に、面接日程まで調整出来る仕様へのアップグレードを予定しています。本機能が実装される事で「応募」から「面接」までの工程をよりスピーディーに行えるようになります。


LINEバイト_グラフ

 


AI
に不慣れなユーザーも安心して電話がかけられる工夫

 

今回のLINEバイトとの取り組みで、PMを担当したCCAI企画チームの髙本寛将は、AIを活用し、サービスの付加価値をあげるためのポイントを次のように話します。

今回のLINEバイトへの「LINE AiCall」導入では、① 過不足なくシンプルなシナリオであること、②各質問項目の認識性能を高めること、③LINEアプリ上での体験も含めて自然であること、この3点に絞り開発を進めました。

 

①過不足ないシンプルなシナリオ作り

「AI電話応募」のAIとユーザーとの会話はとてもシンプルです。名前や住所などをAIがユーザーに質問し、ユーザーはそれに答えるという一問一答の会話が続くので、複雑なやり取りはありません。シンプルさと丁寧さのバランスをとり、ユーザーが安心して会話を進めやすいシナリオを作成しました。リリース後にはユーザーの反応によって改善を進め、より快適な会話を提供したいと考えています。

201104_AiCall_発表会用スライド

②各質問項目の認識性能を高める

音声の認識性能を高めるために、AIが質問する全ての項目で性能を強化しました。

例えば、住所を聞く際には、住所に特化した音声認識モデルに切り替えるなど、短い会話の中でも複数の専用認識モデルを活用しています。さらに汎用的なモデルについても、「AI電話応募」に必要な項目への認識性能を強化しています。

 

③LINEアプリ上での体験も含めて自然であること

なにより新しいのは、これまでの「LINE AiCall」は電話番号での発信だったのに対して、今回の取り組みで初事例となるLINE通話を活用しています。これによって、ユーザーはバイトの応募情報を検索し、気になった応募先にLINEアプリからスムーズに電話をかけることができるようになり、AIとの通話は無料で行うことができます。自然なユーザー体験を届けることを強く意識したサービスだと思っています。

 

AIによる自然な対話応答で、"24時間365日"電話を自動化する「LINE AiCall」

 

LINEAIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」が保有する「LINE BRAIN SPEECH TO TEXT」(音声認識)、「LINE BRAIN TEXT TO SPEECH」(音声合成)、会話制御の仕組みを組み合わせ、なめらかで自然な会話を可能にした音声応対AIサービスです。現在は、行政、飲食業界、カーメンテナンス業界で活用され、店舗の予約業務やコンタクトセンターの応答業務など、多様なニーズに対応できるソリューションです。

 

また、「LINE AiCall」の最大の特徴は、人間らしい自然な会話ができることです。

人間のように会話をしながら、ただ単に問い合わせに応えるというだけではなく、人間の代わりに予約受付や購入などに応対し、電話応対にかかる負担を軽減します。電話にかかる応対をAIに任せ、それ以外の人が集中すべき業務へリソースを割くことが可能です。

LINE AiCAll 詳細はこちら

 

LINEバイト_3

 

音声デモや詳細をご説明した資料もご用意しています。ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・資料請求はこちら

 

ご相談・お問い合わせ

AIサービス導入についてのご相談や、
パートナーシップ提携はこちらから。

お問い合わせ
  • メルマガ登録

    LINE CLOVAのセミナー情報や事例などの
    最新情報をお届けします。